作品紹介

過去のリフォーム事例をご紹介します。

台風、積雪被害の修繕事例シリーズ vol.9

BEFORE

雨樋交換

AFTER

雨樋交換

未来アートの施工事例🏠 今回は火災保険適用で雨樋を交換したご自宅の事例に併せて、 雨樋を修理する時の4つのポイントをご紹介します🐶
◆ゴミがたまって詰まる◆
枯れ葉やゴミが雨樋に詰まって水の流れをせき止めてしまうと、壊れる原因になります。 水が流れなくなってしまうと過度な水圧がかかり破損する場合があります。
◆つなぎ目のズレ◆
雨樋はパーツを組み合わせて作っているので、つなぎ目にズレが生じると雨水がもれる場合があります。 雨水がもれてしまった場合には、壁や家の基礎にまでトラブルを引き起こす可能性があります。
◆ひび割れ・ゆがみ◆
雨樋は経年劣化やつなぎ目にかかる負荷によって、ひび割れが生じることがあります。 とくに強い紫外線に当たり続けたり、雪やゴミの重みに耐えられなかったりするとゆがみ、水が正常に流れなくなる場合があります。
◆雨樋を支える金具の錆び・折れ◆
雨樋を設置するときには、建物に固定するために一部金具を使用するため、その金具が劣化すると雨樋を支えられなくなることがあります。
ご自宅のお困りごとは、ぜひ一度未来アートにご相談ください👷‍♀

施工写真

最新記事

作品紹介一覧へ戻る