お知らせ

未来アートの最新情報をお届けします。

住宅を使い捨てする日本人

日本の住宅の寿命が短いことはご存じでしょうか?

日本は、30年ローンで買った家の寿命が30年と言われ、アメリカでは家の寿命が約100年と言われています。

家族構成の変化や性能の優れた家に住みたい、設備が陳腐化してきた等で、使用可能な建物を解体撤去し新築する場合が多いかと思います。
また、日本人の特性として、新品を好むということがあるため、リフォームするより解体撤去し新築したいと考える方が多いのも一つの要因かと思います。

日本人は、何千万もかけて建てた住宅を「使い捨て」にする世界で唯一の国民であると比喩されています。

住宅は解体撤去しなくとも、修理可能であり、きちんとメンテナンスを行えば、建物は半永久的にもちます。
悪いところや劣化した部位だけを補修し、もし補修できない状態であれば、必要なところのみ部分的に新しく取り替えていくということを続けていけば、建物の寿命は半永久になるのです。

せっかく人生において高い買い物をしてるのですから、大切にしていきましょうね☆

最新記事

コラム一覧へ戻る